銅トレーダー:4週連続で強気、昨年10月以降で最長

銅トレーダーは、4週連続で強気姿 勢を示している。これは昨年10月以降で最長。中国と米国の製造業が拡 大し、銅在庫が約2年ぶりの低水準に落ち込んでいることが背景。

ブルームバーグがアナリスト29人を対象に実施した調査では、13人 が来週の銅相場は上昇すると予想し、6人が中立姿勢を示した。ロンド ン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅在庫は1日、29万2250トン と2009年8月以来の低水準となった。同取引所のデータによると、銅の 引渡し注文は8年ぶりの高水準に近づいている。

米国の景気回復が進み欧州首脳らが債務危機対策に取り組む中で、 中国や米国などの製造業は拡大している。これが実需業者や投資家の原 材料需要を押し上げており、バークレイズ・キャピタルは、今年は世界 の銅供給が3年連続で不足すると予想している。

フェアファックスIS(ロンドン)のアナリスト、キャロル・ファ ーガソン氏は「市場関係者は米国が徐々に改善する傾向にあると感じて おり、全般的に回復基調にある」と指摘。「銅市場が需要主導となれば 相場は再び上昇し得る。市場は長期的な需給見通しに下支えされてい る」と述べた。

LMEの銅相場は今年に入って13%上昇し1トン当たり8612.25ド ル近辺で推移している。年初来上昇率は08年以降で最高となっている。

参考画面:

堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net

Editor: Takeshi Awaji 記事に関する記者への問い合わせ先: London Nicholas Larkin +44-20-7673-2069 nlarkin1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: John Deane +44-20-7673-2285 jdeane3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE