AIJ問題で小型ヘッジファンドやコンサル消滅も-調査会社リポート

ヘッジファンド調査会社のGFIA はAIJ投資顧問が顧客資産を消失させた問題で、企業年金などに関連 する日本の資産運用業界はマイナスの影響を受けるとの見通しを示し た。小規模なヘッジファンドや独立系運用コンサルタントは顧客離れか ら苦境に立たされ、資金は大手運用会社に流れるとみている。

GFIAはシンガポールを拠点とするヘッジファンド・コンサルテ ィング会社。顧客向けリポートでこうした見解を明らかにした。今回の 問題を機に、年金基金などはヘッジファンド投資を止める公算があり、 正式なデューデリジェンス(適正評価手続き)や助言などができないコ ンサルタントは徐々に消滅していくことになるという。

リポートはまた、新興企業に投資するヘッジファンド衰退のきっか けとなったライブドア事件を引き合いに、AIJ問題を受けた日本の世 論や投資家行動がヘッジファンド業界にとって逆風になると予想して いる。リポートは年金基金を得意客とする小規模ファンドが多く、この 2-3年の業界見通しは明るかったと指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE