米社債保証コスト、約7カ月ぶり低水準-製造業統計などで

1日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場で、米企業の社債保証コストは低下し、この7カ 月余りで最も低い水準に達した。各国の製造業が欧州債務危機の影響を 乗り越えつつあることが経済指標で示された。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指標で あるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨー ク時間午後5時12分(日本時間2日午前7時12分)現在、1.3ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下の92.7bpと、昨年7月22日以 来の低水準となった。

中国の2月の製造業購買担当者指数(PMI)は3カ月連続で上 昇。米国の先週の新規失業保険申請件数は前週比2000件減の35万1000件 となり、世界の経済成長ペース加速を背景に企業のバランスシート改善 が進むとの楽観的な見方が強まった。

ハンス・ミッケルセン氏らバンク・オブ・アメリカ(BOA)のク レジットストラテジストは2月29日のリポートで、欧州中央銀行 (ECB)が同日実施した3年物の資金供給がユーロ圏と米国の銀行の 信頼感を高めるのに寄与したと指摘。「まずまずの内容の米経済指標」 の発表が続いていることや、バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長が同日の議会証言で追加緩和に言及しなかったことなど も「クレジットには好材料」との見方を示した。

--取材協力:Abigail Moses.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE