欧州債:スペイン債堅調、入札順調-イタリア債利回り2%割れ

1日の欧州債市場ではスペイン2 年債相場が11営業日続伸。欧州中央銀行(ECB)の3年物資金供給オ ペで得た資金を、市中銀行がこの日の国債購入に充てるとの見方が広が った。

イタリア2年債利回りは2010年10月以降で初めて2%を割り込ん だ。ユーロ圏の財務相らは債務危機対策を協議するためブリュッセルで 会合を開いた。フランス国債も上昇した。ECBは前日、長期リファイ ナンシングオペ(公開市場操作、LTRO)を通じて5295億ユーロの資 金供給を行った。

ドイツ国債は下落。世界的な経済成長の兆候を受け、比較的安全と される資産の需要が後退した。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏 (ロンドン在勤)は、「スペインの国債入札は規模から判断すると順調 だったようだ」と述べ、「LTROで供給された資金に市場は明らかに 気を良くしており、それがスペインとイタリアの国債を支援するという ことにも安心感が広がった」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、スペイン2年債利回りは前日比13ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.19%。10年11月以来の 低水準となる2.15%まで下げる場面もあった。同国債(表面利 率3.4%、2014年4月償還)価格はこの日、0.275上げ102.515。11日続 伸08年11月以来の最長。

イタリア2年債利回りは前日比38bp低下の1.76%。一時は1.68% まで低下し、10年10月以来の最低を付けた。

国債入札

スペインとフランスはこの日の国債入札で合わせて125億ユーロ相 当を発行した。ECBの流動性供給が需要を押し上げ、両国とも調達コ ストは低下した。

スペインは目標上限に一致する45億ユーロ相当を発行。フランス も79億9000万ユーロと、ほぼ目標額通りを調達した。

この日発表された経済統計で、中国製造業の活動拡大が示されたほ か、先週の米週間失業保険申請件数が4年ぶり低水準に減少した。

EU統計局(ユーロスタット)が1日発表した2月のユーロ圏消費 者物価指数(速報値)は前年同月比2.7%上昇と、インフレ率は1月 の2.6%から上昇した。

ドイツ10年債利回りは5bp上昇の1.87%。前日は2bp上げてい た。

原題:Spanish Notes Rise After Auction as Italian Yield Drops Below 2% (抜粋)

参考画面:

--取材協力:Angeline Benoit.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE