米JCフラワーズ:INGのアジア資産取得に関心-関係者

米プライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社JCフラワーズは、オランダの金融サービス会社 INGグループが売却を予定するアジアの保険事業に関連する資産の取 得を検討している。協議を直接知る関係者2人が明らかにした。JCフ ラワーズの創業者は資本家のクリストファー・フラワーズ氏。

協議が非公開であることを理由に、関係者が匿名で語ったところに よると、JCフラワーズは売却される予定のING資産が所在する日本 など、一部のアジア市場に関心を示している。INGのアジア保険事業 全体では規模が大き過ぎるとみているという。JCフラワーズはまた、 英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の 保険部門ダイレクト・ライン・グループが売却される場合にも、取得提 案をする可能性があるとしている。

INGはオランダ政府から受けた公的資金の返済向けに30億ユーロ (約3150億円)を調達するため、欧州連合(EU)が設定した2013年末 の期限までにアジアの保険事業を売却する方針。同事業は韓国や中国、 インド、マレーシア、タイ、日本で業務展開しており、アナリストによ る評価額は50億-60億ユーロとなっている。

原題:J.C. Flowers Said to Eye Bids for ING Asian Assets, RBS Unit (1)

--取材協力:Cathy Chan、Maud van Gaal、Gavin Finch.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE