インド株(終了):下落、財政赤字見通しで利下げ観測が後退

インド株式相場は下落。財政赤字が 目標水準を超え、インド準備銀行(RBI、中央銀行)の利下げ余地が 狭まるとの懸念が強まった。米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナ ンキ議長が追加刺激策を講じない可能性を示唆したことも手掛かりとな った。

インドの国営エネルギー探査会社、石油天然ガス公社(ONGC) は下落。政府の同社株放出で応札額が目標を下回ったことが手がかり。 時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリーズは3日 ぶりに下げた。不動産開発で国内最大手のDLFは5.5%安。同銘柄の 投資判断をベリタス・インベストメント・リサーチが「売り」とし、目 標株価を半分以下に引き下げたことが嫌気された。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比168.71ポイン ト(1%)安の17583.97で終了。同指数は2月に3.3%上げ、2010年8 -9月以来の2カ月連続高となっていた。

インドの2012年度(11年4月-12年3月)財政赤字は今年1月まで の10カ月で年間目標を超えた。野村ホールディングスとコタク・マヒン ドラ銀行によれば、今年度の同赤字は国内総生産(GDP)比で6.1% に拡大する見通し。ムカジー財務相は4.6%を目標にしている。

ONGC(ONGC IN)は1.7%下げ288.20ルピー。リライアンス (RIL IN)は1.2%安の810.95ルピー。DLF(DLFU IN)は214.05ルピ ーと、1月30日以来の安値で引けた。

原題:Indian Stocks Drop Amid Fiscal Deficit Outlook, Bernanke Comment (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE