中国株(終了):上海総合指数、小幅安-引き締め策への懸念で

中国株式市場で、上海総合指数は小 幅安。政府の引き締め策で経済成長が阻害されるとの懸念が響いた。た だ、製造業の活動拡大を示す指標を受けて、上昇する銘柄も目立った。

江蘇恒瑞医薬(600276 CH)など医薬品株が安い。政府が今月の中 国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、医薬品価格の抑制につ ながる政策を導入する可能性があるとの観測が広がった。ペトロチャイ ナ (中国石油、601857 CH)や中国工商銀行 (601398 CH)も値下がり した。

中国船舶重工(601989 CH)や長春一汽富維汽車(600742 CH)など 工業株は値上がり。中国国家統計局と中国物流購買連合会が1日発表し た2月の製造業購買担当者指数(PMI)は、3カ月連続で上昇した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比2.37ポイント(0.1%)安の2426.12で終 了。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.80ポ イント安の2633.34。

精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO)は「景気減速が落ち 着きつつある兆しが見られるが、経済指標としての流動性動向はそれほ ど楽観的なものではなく、それは鈍化にまだ歯止めがかかっていないこ とを意味している」と指摘した。

原題:Most China Stocks Rise as Manufacturing Expands for Third Month (抜粋)

--取材協力:Weiyi Lim、Belinda Cao.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 hnozaki1@bloomberg.net  Editor: Masashi Hinoki

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE