独与党幹部:EFSFの稼働期間の延長は可能-ウェルト紙

ドイツの与党会派、キリスト教民 主・社会同盟(CDU・CSU)の院内総務、フォルカー・カウダー議 員は、暫定的なユーロ圏救済基金である欧州金融安定ファシリティー (EFSF)を「計画されているよりも数カ月長く」稼働させることは 可能だとの考えを示した。独紙ウェルトに語った。

同紙によるとカウダー議員はまた、年央に新たに設立され恒久的な 基金となる欧州安定化メカニズム(ESM)の資金上限を現在合意され ている5000億ユーロ(約54兆円)から引き上げることを議論する必要は 現時点ではないとの見解も示した。

原題:German CDU’s Kauder Says EFSF Could Run Longer, Die Welt Reports

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE