民主・馬淵氏:次期日銀審議委員にリフレ派登用を-インタビュー

民主党の有志議員でつくる「円高・ 欧州危機等対応研究会」(会長・小沢鋭仁元環境相)は、4月に任期切 れとなる日本銀行の審議委員2人の後任にはインフレターゲット政策 に積極的な「リフレ派」を登用するよう近く、政府側に求める。同研 究会の馬淵澄夫幹事長(元国土交通相)が1日、ブルームバーグ・ニ ュースとのインタビューで語った。

日銀正副総裁を含め9人いる政策委員会メンバーのうち、中村清 次、亀崎英敏両審議委員はいずれも4月4日で任期が満了する。馬淵 氏は後任人事について「インフレ目標政策導入に強い決意を持つ」「リ フレ政策をしっかりと腹に持っている」人物が任命されるべきだとの 見解を示した。

研究会として望ましいと考える候補者リストも政府側に近く提出 する方針だが、具体的な人物名については「外に漏れると国会で不同 意とされてしまうので出せない、いつ出したかも言わない」と公表を 避けた。

日銀が予定している3月12、13両日の金融政策決定会合に関して は、2月に続き金融緩和を断行するよう求めた。具体的には、インフ レ目標の2%超への引き上げと、長期国債などの買い入れのさらなる 上積みを求めた。

審議委員に望ましい人としては、これまでの研究会での議論で、 「社長経験者、円高や世界経済の中で輸出を中心にやっている産業で 痛みの分かる人」という意見が出たという。

提言

小沢鋭仁、馬淵両氏ら研究会メンバーは1日、民主党の前原誠司 政調会長に対し、提言を手渡した。インフレ目標を含む本格的金融緩 和に取り組む「QE-EPOCH」(新時代緩和)の断行を要求。日銀 が「物価安定のめど」で掲げた消費者物価指数(CPI)の前年比上 昇率1%では不十分として、「中長期的には2%超が適切であり、当面 はまず1%の実現を図る」との表現に改めるよう政府が日銀に求める ことなどを柱としている。

小沢氏や、同席した宮崎岳志衆院議員によると、前原氏は提言に 対して、まったく同じ方向で考えており、十分に参考にさせてもらう、 と指摘。その上で、企業の3月決算にあたって株価はなるべく高い状 況で迎えたい、との認識も示したという。

白川総裁

提言では、来年4月に任期が満了する白川方明総裁も含めた政策 委員会メンバー人事とインフレ目標政策との関係について「後任者が インフレ目標政策の強化を主張する者、もしくは理解を示す人物にな れば実行されることになる」と指摘している。馬淵氏はインタビュー では白川総裁が再任される可能性について「ふつう考えるとあり得な い」と語った。

政府と日銀の関係をめぐっては、みんなの党が、政府が物価変動 目標を設定することなどを柱とする日銀法改正案を国会に提出したこ とがあるほか、民主、自民党内の一部にも政府の日銀への影響力強化 を目的とした法改正を主張する意見がある。

馬淵氏は日銀法改正論について「絶対やらなければいけないが、 今の政府の状況を見るとすぐやろうという雰囲気ではない」と指摘。 今回は3月末の企業決算と日銀審議委員人事に間に合わせるための緊 急提言と位置付けている。

馬淵氏は1960年8月生まれの51歳。会社役員などを経て2003年 の衆院選で初当選、現在3期目だが、民主党政権誕生後は国土交通副 大臣、国土交通相、党広報委員長などの要職を歴任した。民主党の次 世代のリーダーの1人で、昨年8月の代表選にも立候補したが、野田 佳彦首相に敗れた。東日本大震災から約2週間後の3月26日から約3 カ月間、首相補佐官として原発事故処理の中長期的対策などを担当し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE