ビニスマギ氏:ECB3年物オペが銀行の自立阻害の恐れ-FT

欧州中央銀行(ECB)の元理事、 ビニスマギ氏は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に寄稿し、 ECBの3年物資金供給オペについて、低コストでの資金供給がユーロ 圏の銀行が自立のために必要な措置を取るのを妨げる「深刻な懸念」が 生じると指摘した。

ビニスマギ氏は、欧州の銀行は「中銀からの容易な資金調達に慣れ っこになり」、バランスシートの改善と資本基盤の増強が無期限に遅れ かねないと論じた。

中銀は「一時的、例外的な資金供給源としてのみ利用されるべき」 で、銀行に対して必要な改革を実施するようしっかりと圧力を掛けるた めに、ECBには金融システムを調整し監督していくという、より重要 な役割が与えられているはずだと同氏は記した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE