クレディ・スイス:株式、債券分析と投資調査チームを統合へ

スイス2位の銀行、クレディ・スイ ス・グループは、投資調査チームと、株式と債券、経済の分析を手掛け るチームを統合する。

同社の社内メモによれば、統合後の新組織の名称は「セキュリティ ーズ・リサーチ・アンド・アナリティクス」。現在、株式調査グローバ ル責任者を務めるステファノ・ナテラ氏(53)、および全世界の債券・ 経済調査責任者であるエリック・ミラー氏(42)が共同責任者になると いう。ミラー氏は昨年6月にバークレイズ・キャピタルから入社。

また、同社が提供する企業価値評価システム(HOLT)の責任者 であるティム・ビクスラー氏は新たな投資ソリューションズチームを率 い、ミラー、ナテラ両氏の直属となる。

クレディ・スイスが2月に発表した2011年10-12月(第4四半期) 決算は、08年以来の赤字となった。新組織は株式調査チームの約650 人、債券と経済チームの200人、HOLTチームの100人を統合して発足 する。ミラー、ナテラ両氏は29日の電話インタビューで、新たなリサー チ商品を提供するほか、トレーディング事業獲得の拡大を目指し、重複 コストを削減するとの構想を明らかにした。

原題:Credit Suisse to Merge Stock, Bond, Analytic Research Teams (1)

--取材協力:Elena Logutenkova.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE