商品の上昇率:2月は株式や債券上回る、昨年7月以来-イラン情勢で

商品相場は2月に原油を中心に上昇 し、昨年7月以降で初めて株式や債券、ドルの上昇率を超えた。欧州連 合(EU)がイラン産原油禁輸の方針を示したほか、米景気の改善や中 国の経済成長てこ入れへの取り組みが相場上昇につながった。

商品24銘柄で構成されるスタンダード・アンド・プアーズ(S& P)のGSCIトータルリターン指数は2月に6.5%上昇。1月も2.2% 上昇していた。北海ブレント原油相場は11%の上昇を示した。株式の MSCIオールカントリー世界指数は4.8%上げ、年初来の上昇率 は1991年以降で最高となっている。

BNPパリバの商品市場戦略責任者、ハリー・チリンギリアン氏 (ロンドン在勤)は「商品市場にとって完璧な要因がそろっている」と 指摘。「イランをめぐる地政学的な緊張が高まり、原油供給は逼迫(ひ っぱく)している。中国と米国の経済についてはプラスのニュースが発 表された」と述べた。

原題:Commodities Give Best Returns First Time Since July on Iran Risk (抜粋)

--取材協力:Maria Kolesnikova、Isis Almeida、Michael Patterson、Jason Webb、Nick Baker、John Detrixhe、Inyoung Hwang、Whitney Kisling、Steve Stroth.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net

Editor: Takeshi Awaji 記事に関する記者への問い合わせ先: London Matthew Brown +44-20-3216-4059 mbrown42@bloomberg.net; London Rachel Morison +44-20-3525-8736 rmorison@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Stephen Voss +44-20-7073-3520 sev@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE