フィラデルフィア連銀総裁:FRBは透明性向上を

フィラデルフィア連銀のプロッサー 総裁は29日、「金融政策の有効性」を高め、「国民への説明責任」をさ らに果たすには、FRBは透明性を一段と向上させる必要があるとの見 解を示した。

プロッサー総裁はニューヨークでの講演で、「経済状況と政策の相 互作用について、より詳細な情報提供が可能であり、そうすべきだ」と 発言。「われわれの反応関数の定義をより明確にすることも可能で、国 民は今後の政策についてよりよく理解し、予想しやすくなる」と語っ た。

FRBが1月に明確なインフレ目標を導入し、金利の適切な道筋に 関する政策当局者の見通しを公表したことについて、同総裁は「重要な 前進」だとし、FRBの目指すところを明確にする上で役立ったと述べ た。バーナンキFRB議長は2006年の就任以降、FRBの公開性を高 め、国民の理解を深める措置を他にも講じている。

同総裁は、FRBがさらに踏み込んで「経済変数と関連政策の道筋 との関連についてより多くの情報」を提供すべきだと主張。そうするこ とで、国民は経済状況の変化と金融政策の関係を理解しやすくなると強 調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE