アンドルー・シフ氏は今月、米カリ フォルニア州で交通渋滞に巻き込まれ、車の外に出て大声でわめき散ら した。投資家会議で金について講演した帰り道だった。

「ねずみ取りの中のねずみのように出口のない状況になると錯乱す るんだ」と、ブローカーディーラー、ユーロ・パシフィック・キャピタ ルでマーケティング担当ディレクターを務める同氏はインタビューで語 った。

シフ氏(46)は今、別の面でも動けなくなっている。ボーナスが減 ったせいで生活が立ち行かないのだ。同氏によれば収入は35万ドル (約2820万円)と米国の上位1%に入るが、子供たちが通う私立の学校 の学費やニューヨーク市ブルックリンの111平方メートルの家の改築費 用が出ない。

「閉じ込められた気分だ。私の求めるニューヨークには、やっぱり 手が届かない」と同氏は言う。

多くの金融機関従業員に今月支払われたボーナスの額は、ウォール 街に働く彼らが期待する生活を維持するには不十分だったことが、バン カーやその会計士、セラピスト、アドバイザー、ヘッドハンターのイン タビューから浮き彫りになった。

ニューヨークの会計事務所マークス・パネス・アンド・シュロンで 富裕層のファイナンシャルプラニングを手伝うパートナーのアラン・ド ラガシュ氏は、もともと「お金のない人は分からないだろう」が、「3 人の子供を私立学校にやっていて転校させなければならない」というの も、それはそれで苦労だと指摘した。

「壊滅的」

投資銀行やトレーディングの収入減に直面するウォール街は、2011 年の裁量的報酬をこぞって減らした。ゴールドマン・サックス・グルー プとバークレイズ・キャピタルでは、減少率は少なくとも25%。モルガ ン・スタンレーは現金支払いを制限、ドイツ銀行は繰り延べ部分を増や した。

ニューヨークの人材あっせん会社IDWグループのイラナ・ワイン スタイン最高経営責任者(CEO)は「壊滅的な状態」だと言う。

もっとも、減ったとはいえウォール街の報酬は依然、普通の人には 夢のような額だ。米国勢調査局によれば、10年の米家計所得は中間値で 4万9445ドル(約398万円)だった。

原題:Wall Street Bonus Withdrawal Means Trading Aspen for Cheap Chex

--取材協力:Patrick Clark、Michael J. Moore.

a

Play Episode

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE