米銀JPモルガン・チェースは、金 利スワップやクレジットなどが同行のトレーディング事業で最大の収入 源になっていると明らかにした。通常は非公開とされる内訳を公表する ことで、大半の米ライバル行と一線を画した。

JPモルガンは28日、投資家向けプレゼンテーションで、クレジッ ト取引による収入は標準的な四半期で3億7500万ドル(約300億円)、 金利スワップと外国為替のスポット(現物)および先物取引はいずれも 3億5000万ドルだと説明した。現物株取引からは約3億2500万ドル、資 産担保証券では四半期ベースで3億ドルの収入があるという。

一部の欧州の銀行はトレーディング部門内の規模が大きい分野の収 入を発表するが、米銀が同事業内の収入構成を数値化することはほとん どない。ウォール街の大手5行ではトレーディング事業の収入が総収入 の約4分の1を占める。JPモルガンの2011年のトレーディング収入 は202億ドルだった。

原題:JPMorgan Says Credit, Swaps Among Top Trading-Revenue Generators

a

Play Episode

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE