債券先物が急騰場面、東証「誤発注ではないと判断」-制御不発動

14日午後の国内債券先物市場で一 時、中心限月の3月物が急騰する場面があった。東京証券取引所では 誤発注ではないとの認識を示すが、市場関係者の一部からはなお誤発 注の可能性を指摘する声も聞かれる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。