日銀:物価上昇「1%」目指す-資産買い入れ基金を65兆円に増額

日本銀行は14日開いた金融政策決 定会合後、物価政策について「当面、消費者物価(CPI)の前年比 上昇率1%」を目指すとした上で、「それが見通せるようになるまで、 実質的なゼロ金利政策と金融資産の買い入れ等の措置により、強力に 金融緩和を推進していく」と表明した。金融政策運営については、資 産買い入れ等基金を「55兆円」から「65兆円」に拡大することを全員 一致で決定し、追加緩和に踏み切った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。