米ブロードコム:1-3月売上高、予想上回る公算-アップル効果

更新日時

米半導体メーカー、ブロードコムの 1-3月(第1四半期)の売上高はアナリスト予想を上回る可能性があ る。同社は米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)「iPho ne(アイフォーン)」などの携帯端末をインターネットに無線接続す る半導体を手掛けており、需要拡大の恩恵を受けている。

ブロードコムが31日発表した第1四半期の売上高見通しは17億-18 億ドル(約1300億-1370億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト 予想平均は17億3000万ドルだった。

ラザード・キャピタル・マーケッツのアナリスト、ダニエル・アミ ール氏は、1-3月期に携帯電話の出荷拡大ペースが鈍化することで半 導体受注が減少するとの懸念が、ブロードコムのこの日の発表で和らい だと指摘。「間違いなくポジティブサプライズだ。ブロードコム株の上 昇は、業界全体を上回る可能性がある」と述べた。同氏は、ブロードコ ム株を買い推奨している。株価は発表後の時間外取引で、通常取引の終 値を2.6%上回る35.25ドルを付けた。

同時に発表した昨年10-12月(第4四半期)決算は、純利益が2 億5400万ドル(1株当たり45セント)と、前年同期の2億6600万ドル (同47セント)から減少した。売上高は前年同期比6.4%減の18億2000 万ドル。一部費用を除いた1株利益は68セントだった。ブルームバーグ がまとめたアナリスト予想平均では、一部費用を除くベースで1株65セ ント、売上高18億ドルが見込まれていた。

同社はまた、四半期配当を11%増やし、1株当たり10セントにする と発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE