EUとIMF、ギリシャに最低賃金20%カット求める-タネア紙

欧州連合(EU)の行政執行機 関である欧州委員会と欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IM F)の代表団は、ギリシャに最低賃金を現行の月751ユーロから 600ユーロ(約6万円)に引き下げるよう求めている。ギリシャ紙タ ネアが情報源を明示せずに報じた。

いわゆるトロイカの代表団は、新しいギリシャ金融支援の条件設 定を進めており、これには国営企業と銀行での特別な労働協約の廃止 などの改革が含まれるという。

ギリシャ労働省は民間セクターの給与を3年間凍結することを提 案したが、トロイカの当局者はこれを退け、年2回支給される休日ボ ーナスの削減ないし廃止を求めているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE