NY金先物:反発、7週間ぶり高値-1月としては29年ぶり大幅高

ニューヨーク金先物相場は反発。 ギリシャが民間債権者との債務交換交渉で合意に近づいているとの兆 しが手掛かり。金は1月としては29年ぶりの大幅上昇となった。

ギリシャのパパデモス首相は、債券保有者との債務交換協議が前 進しているとの認識を示した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が 声明で少なくとも2014年遅くまで低金利を維持する意向を示唆し たことを背景に、金は先週4.3%値上がりした。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)の ヘッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで「ギ リシャ情勢の進展とFOMC声明が金を押し上げる要因になっている」 と指摘。「相場には勢いがある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比0.3%高の1オンス=1740.40ドルで終了。一時 は1750.60ドルと、先月8日以来の高値を付ける場面もあった。 今月は11%上昇と、1月としては1983年以来の大幅高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE