フィリピン中銀には政策金利に「調整」余地あり-テタンコ総裁

フィリピン中央銀行は、世界経済 が悪化した場合には、政策金利を「調整する」一段の余地がある。同国 中銀のテタンコ総裁が31日、マニラで開催されたフォーラムで語った。 フィリピンの金利は「ゼロから程遠い水準」にあり、金融当局には政策 面で余地があると指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 or akobari@bloomberg.net    Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Norman P. Aquino in Manila at +63-2-789-7021 or naquino1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Clarissa Batino at +63-2-789-7025 or cbatino@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE