東証社長:オリンパス上場維持「間違った判断との指摘聞かれない」

東京証券取引所の斉藤惇社長は31日 午後の定例会見で、先に東証がオリンパス株の東証1部上場維持を決定 したことについて「今のところ間違った判断だとか、意外だったという 声はあまり聞こえていない」と指摘し、過去の例との比較でも妥当だっ た、との認識を示した。その上で、実際に起きたことを教訓とし、上場 会社のコーポレートガバナンスの改善に取引所としても努力する姿勢を 強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE