米ツイッター、海外事業拡大で広告収入は急増へ-投稿の検閲に課題も

米ソーシャル・ネットワーキン グ・サービス(SNS)、ツイッターは海外事業拡大に支えられて広 告収入が3倍余りに膨らむとみられる。ただ、同社には検閲をめぐる 課題も浮上している。

米調査会社Eマーケターによれば、ツイッターの広告収入は 2014年には5億4000万ドル(約410億円)と、昨年の1億3950 万ドルから大きく伸びる見通し。海外での利用拡大に伴い、米広告主 への依存度は低下するとみられる。米国からの収入割合は14年に 83%と、今年の約90%から下がると見込まれるという。

同時にツイッターの世界的な広がりで、同社はコンテンツ管理方 法の見直しを迫られている。先週には、世界全体でメッセージを削除 するのではなく、国ごとに投稿を検閲する仕組みを新たに導入すると 発表。従来は、ある国の政府当局がツイッターに投稿の削除を求めた 場合、同社はそれを全世界的に実施せざるを得なかった。

ただ同社のディック・コストロ最高経営責任者(CEO)はメデ ィア会議で、中国など一部の国では依然として事業を展開できないと 指摘。「中国の人たちにはぜひ自己表現してもらいたいが、今の状況 では不可能だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE