原子力発電所運営で米最大手のエク セロンが運転するイリノイ州のバイロン原子力発電所で30日、外部から の電力供給が止まったため、2号炉の運転を自動停止した。米原子力規 制委員会(NRC)が明らかにした。

NRC広報担当のビクトリア・ミットリング氏(シカゴ在勤)は電 話インタビューで、「変圧器周辺で煙が報告されたが、火災は確認され ていない」と述べた。

エクセロンは現地時間同日午前10時18分(日本時間31日午前0時18 分)に、4段階の緊急事態のうち最も低いレベルの「異常事象」を宣言 した。バイロン原発はシカゴの西85マイル(約137キロメートル)に位 置する。残る1基はフル稼働している。

ミットリング氏によると、電源喪失の原因はまだ特定されていな い。同原発の広報担当者、クリスタ・ロピキンスキ氏は電子メールで、 「施設は安全な状態が保たれており、現場の専門家が原因を調べてい る」と説明。さらに「周辺住民の健康と安全への影響はない」と述べ た。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE