UBS:ブラジル金融機関の買収目指す、免許取得の遅れで-関係者

スイスの銀行最大手UBSは、ブラ ジル金融機関の買収を目指している。同行の計画に詳しい関係者1人が 明らかにした。ブラジルの銀行部門を2009年に売却したUBSは、同国 での投資銀行業務の再開に向けた取り組みを強化している。

UBSは過去2年にわたり、ブラジルで株式・債券の取引やデリバ ティブ(金融派生商品)、シンジケートローンなどを手掛ける独自事業 を始めるため、必要な免許の取得を目指してきた。同行の戦略が非公開 であることを理由に同関係者が匿名で語った。ブラジル当局は、免許を すでに保有する中小金融機関を買収するよう大手行を促しており、 UBSにまだ免許を付与していない。同関係者はUBSの買収ターゲッ トについては言及を避けた。

UBSは10年4月に証券会社リンク・インベスチメントスを買収す ることで合意したが、同関係者によれば、ブラジル中央銀行の承認をま だ得られていない。

UBSの広報担当者はコメントを控えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE