米デルタ航空:USエアウェイズ買収、検討中の選択肢-関係者

米デルタ航空はUSエアウェイ ズ・グループへの買収案提示を検討している。事情に詳しい関係者が明 らかにした。アメリカン航空の親会社AMRが破綻したことから、北米 の航空各社は統合の可能性について探っている。

協議が非公開であることを理由に関係者の2人が匿名を条件に述べ たところによれば、デルタのUSエアウェイズとの統合は検討中の選択 肢の1つにすぎない。検討の結果、何の提案にもつながらない可能性も あるという。関係者の1人は、デルタはUSエアウェイズに打診はして いないとしている。

関係者によれば、デルタと米投資会社TPGキャピタルはまたアメ リカンへの買収案提示の可能性を見極めている。USエアウェイズもア メリカンに対し同様の対応をしていることを確認。米3位の航空会社ア メリカンは2008年から年間赤字が続き、AMRは昨年11月29日に連 邦破産法の適用を申請した。

関係者の1人は、アメリカンの破綻を受け、米国の航空各社は全同 業他社を合併・買収(M&A)の対象と見なし始め、再建過程で処分さ れる可能性がある資産の購入についての検討作業が広がっていると指摘 する。

デルタの広報担当ベッツィ・タルトン氏は、同社の方針としてうわ さや憶測にはコメントしないと述べた。USエアウェイズの広報担当者 もコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE