財務相:過度・投機的な円高には断固措置-EU合意で市場安定化を

安住淳財務相は31日午前の閣議 後会見で、ギリシャ債務交渉の難航を受けて円高が進んでいることに ついて、「過度な変動や投機的な動きがあれば、厳重に注視し、断固た る措置を取る」と述べ、これまでのスタンスは変わらないとの立場を 示した。

財務相は、欧州連合(EU)の首脳らが財政協定と恒久的救済基 金で合意したことに触れ、「市場を安定化させる大きな要因になればよ い」と語った。その上で、「日本経済は決して悪いわけではない。株価 を含めて欧州の動向が影響しているのは否めない事実だ。欧州が安定 することで、株価全体が落ち着いてほしい」と期待感を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE