韓国の銀行:合計利益は5.9%減、株式トレーディング低迷-暫定集計

韓国の銀行の2011年10-12月(第4 四半期)の総利益は前年同期比5.9%減少した。株式トレーディング業 務の低迷が響いた。

韓国金融監督院(FSS)が電子メールで31日配布した暫定集計に よると、国内18行の10-12月期の純利益は合計1兆6000億ウォン (約1080億円)。前年同期は1兆7000億ウォン(改定値)だった。昨年 7-9月(第3四半期)は2兆7000億ウォン。

FSSによると、株式トレーディングからの利益は1000億ウォン と、前年同期の9000億ウォンから減少。欧州ソブリン債危機が世界的な 株安を引き起こす中、指標である韓国総合株価指数は昨年11%値下がり し、年間ベースで3年ぶりのマイナスとなった。

融資の収益性の指標となる預貸利ざやは10-12月期に2.23%と、前 年同期の2.31%から縮小。7-9月期は2.32%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE