ノキアシーメンス:ドイツで2900人、フィンランドで1200人削減へ

通信機器メーカーのノキアシー メンスネットワークはドイツで2900人、フィンランドで1200人を 削減すると発表した。同社はより利益率の高いメーカーとの競争に 苦戦している。同社はフィンランドのノキアとドイツのシーメンス の合弁。

発表資料によると、ノキアシーメンスはドイツ部門を5拠点に 集中させ、ミュンヘンにある同国部門の本部などの拠点は閉鎖する。 同社のウェブサイトによると、ドイツの75強の拠点の従業員は9100 人。従業員数6900人のフィンランドでは、2拠点を除く全拠点で人 員削減を実施する。

スウェーデンのエリクソンや中国の華為技術などと競合するノ キアシーメンスは昨年11月、2013年末までに世界全体で1万7000 人を削減する計画を発表した。削減は全従業員の約23%に相当し、 年間コストを10億ユーロ(約1000億円)削減する戦略の一環。同 社はフィンランドでの1200人の削減目標を労組との交渉前に発表 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE