クレディ・スイス元トレーダー、アジア重視のファンド開始へ-関係者

スイスの銀行、クレディ・スイ ス・グループの元シニアトレーダー2人が、今年ヘッジファンドを立 ち上げる計画であることが分かった。事情に詳しい関係者2人が明ら かにした。アジア企業に関連した株式およびデリバティブ(金融派生 商品)に投資するという。

計画が非公開だとして匿名を条件に語った両関係者によると、ヘ ッジファンドを計画しているのはクレディ・スイスで株式および株式 デリバティブ担当のアジアトレーディング責任者を務めたカルロス・ ラミレス氏(34)と、アジア太平洋エキゾチックトレーディングの 元責任者であるオリビエ・ガルシア氏(35)。取引開始は4-6月 (第2四半期)の予定だという。社名はRGインベストメント・キャ ピタルで、ロンドンにオフィスを構える。

ラミレス、ガルシア両氏はコメントを控えた。英当局への届け出 によれば、両氏は昨年10月に同国でRGインベストメントを登録し ている。

関係者によれば、ラミレス氏はクレディ・スイスに12年間在籍 し、ロンドンや香港、シドニー、東京で勤務した。RGキャピタルで は最高投資責任者(CIO)を務める。またガルシア氏はクレディ・ スイスで仕組み商品などを手掛けた。同氏のRGキャピタルでの役職 はポートフォリオマネジャーだという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE