ポルトガル国債保有者が損失負担を迫られることない-コエリョ首相

ポルトガルのコエリョ首相は、同 国債保有者に損失負担を求めるリスクはないとの見解を示した。

コエリョ首相はブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)首脳会 議後の記者会見で、ポルトガル国債保有者に対して民間部門関与(P SI)を迫る可能性についての質問に対し、リスクはないと言明。「実 際にきょうの首脳会議の最終的な声明は、ギリシャ情勢は例外的で固 有のものであることを想起させる内容だ」と指摘した。

同首相はまた、国際通貨基金(IMF)とEUも、ポルトガルの 債務は「全く持続可能だ」としていると付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net  Editor:Hiroyuki Nakagawa 記事についての記者への問い合わせ先: Henrique Almeida in Lisbon at +351-21-340-4634 or halmeida5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Hertling at +33-1-5365-5075 or jhertling@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE