米ウェスチングハウス:チェコ原発入札で現地建設会社と独占契約

東芝傘下の米ウェスチングハウ ス・エレクトリック(WH)は、チェコの国営電力会社、CEZが保 有するテメリン原子力発電所の原子炉2基の増設計画(100億ドル 規模)に関し、同国の建設会社メトロスタブと独占契約を結んだこと を明らかにした。この計画の入札にはウェスチングハウスを含めて3 社が参加する。

この契約の額は、WHがCEZからテメリン原発プロジェクトを 受注した場合の受注額の「少なくとも3分の1」に相当する見込み。 WHの欧州中近東(EMEA)地域社長、イブ・ブラシェット氏が 30日、プラハでの記者会見で述べた。

テメリン原発の入札にはフランスのアレバのほか、ロシアのアト ムストロイエクスポルト率いるロシアとチェコの合弁企業も名乗りを 上げている。CEZによれば、入札結果は2013年末までに発表され る。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE