野村、欧州株式シンジケーション責任者を採用-クレディ・スイスから

野村ホールディングスは、クレ ディ・スイス・グループのサイモン・エアード氏を欧州株式シンジケ ーション責任者に採用した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、エアード氏は2月 初めから野村のロンドンオフィスで勤務する。同氏はクレディ・スイ スに10年以上在籍し、ロンドンの欧州株式シンジケーションチーム のマネジングディレクターを務めたほか、香港では日本を除くアジア の株式シンジケーション責任者だった。

野村ではリーマン・ブラザーズ・ホールディングス出身のジャス ジット・バタール氏とタルン・ジョットワニ氏が最近、相次いで退社 した。前の欧州株式シンジケーション責任者、ダンカン・スミス氏は ロイヤル・バンク・オブ・カナダに移籍するため昨年9月に退社した。 野村のロンドン在勤の広報担当者からのコメントは得られていない。 株式シンジケーション部門は株式の募集を手掛ける。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE