独首相:30日のEUサミットで第2次ギリシャ救済の最終決定ない

ドイツのメルケル首相は30 日、同日の欧州連合(EU)首脳会議(サミット)で第2次ギリ シャ救済が最終決定されることはないと言明した。ブリュッセル でサミット前に記者団に語ったもので、ギリシャの債務減免をめ ぐる銀行との協議が完了していないことを理由に挙げた。

さらに、首脳らは現時点でのギリシャのニーズや経済改革の 進展状況に関する欧州と国際通貨基金(IMF)の審査結果も待 っていると状態だと説明。EUとIMF、欧州中央銀行(ECB) のいわゆる「トロイカが現在ギリシャで作業しているほか、銀行 との交渉の結果も出ていないため、ギリシャに関し踏み込んだ協 議はしない」と述べた。

その上で、サミットでは危機の再発防止に向けドイツ型の財 政均衡条項を盛り込んだ財政協定に関する「最後の疑問点」が明 瞭になるだろうと語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James G. Neuger at +32-2-285-4301 or jneuger@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE