ギリシャ:予算の「主権放棄」迫るドイツに「国家の尊厳」賭け抵抗

ドイツでは複数の幹部議員が、 赤字削減の約束を守らないギリシャが予算をめぐる主権の放棄に同意 しないならば、同国への支援を拒否する考えを示している。

メルケル首相率いる与党キリスト教民主同盟(CDU)の経済問 題広報担当のミヒャエル・フックス議員は30日のインタビューで、 「ただ乗りは終わりだ。外部からのコントロールを受け入れないなら 金融支援もなしだ」と発言した。

CDUで予算関連のスポークスマンを務めるノルベルト・バーセ ル議員も、今週公表予定の国際機関の報告でギリシャが追加支援の条 件を満たしていないことが示されれば、予算に関し外部からの拒否権 を受け入れる以外に選択肢はないだろうとの見方を示した。

同議員は「ギリシャをユーロ圏にとどめるためにわれわれはでき るだけのことをするが、ギリシャが目標を達成し損なってばかりいる のでは前進する道筋が見えない」と語った。

ユーロ圏首脳らは、救済プログラム下で約束した財政目標を達成 できない国に対する政策対応を検討している。独政府のコットハウス 報道官がベルリンでの記者会見で述べた。

ギリシャ「国家の尊厳」

ドイツの与党議員らはギリシャに財政をめぐる主権の一部を放棄 するよう迫っている。これに対しギリシャのベニゼロス財務相は、ギ リシャの予算を監視する特別委員を欧州連合(EU)に設ける提案に ついて、「国家の尊厳」に関わるとしてこれを拒否した。

第2次ギリシャ救済は債務減免に関する民間部門との合意および 同国の財政再建の進展に関するEUの欧州委員会、欧州中央銀行(E CB)、国際通貨基金(IMF)の代表団、通称トロイカによる肯定 的な報告が条件。約300億ユーロの新規支援がこの報告にかかって いる。報告書は今週公表される公算。

第2次ギリシャ救済の必要額は1450億ユーロに膨らんでおり、 昨年10月の合意を150億ユーロ上回る可能性があると、独誌シュ ピーゲルが28日にトロイカの当局者の話を基に伝えていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE