スペイン:10-12月GDPは前期比0.3%減-リセッション目前

スペイン経済は昨年10-12 月(第4四半期)に前期比で縮小した。2009年以降で2回目のリセ ッション(景気後退)が目前となり、財政立て直しへの政府取り組み の妨げとなりそうだ。

スペイン統計局(INE)が30日電子メールで発表したところ によると、10-12月期国内総生産(GDP、速報値)は前期比

0.3%減少。スペイン銀行(中央銀行)が23日公表した見積もりと 一致した。

昨年12月に発足した国民党政権は、スペイン経済がリセッショ ン入りして歳入と雇用に重しとなっても、財政赤字を年内にほぼ半減 できると市場を納得させようとしている。スペイン中銀は先週、政府 が緊縮目標を「厳格に」達成した場合、同国は1.5%のマイナス成 長となり、失業率が23.4%まで上昇する可能性があるとの見方を示 した。

10-12月GDPは前年同期比では0.3%増加した。7-9月 (第3四半期)GDPは前期比横ばい、前年同期比では0.8%増だ った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE