JFEHD、IHI:傘下の造船会社を10月に合併

JFEホールディングスとIHIは 造船事業を10月をめどに統合することで基本合意した。JFE傘下のユ ニバーサル造船とIHI傘下のIHIマリンユナイテッドを合併させる ことにより、開発力などの強化を図り、競争力を高めるという。

30日に発表した資料によると、統合後の存続会社はユニバーサル造 船。新会社の社長には、ユニバーサル造船の三島慎次郎社長、会長には IHIマリンユナイテッドの蔵原成実社長がそれぞれ就任する。持ち株 比率はJFEホールディングスが45.93%、IHIが45.93%。残り の8.15%をユニバーサル造船の株主である日立造船が保有する。

造船事業をめぐる環境は、造船需要が減少しているなか、韓国や中 国などとの競争が激しくなっている。円高も重なり、日本勢にとって厳 しい状況が続いている。三島氏は会見で、統合の理由について「バーゲ ンパワーや開発力で戦えないという思いがあった」と説明。

会見に同席した蔵原氏は、「もっとも期待できるのは技術者を直ぐ に倍増できること。開発力が高まり、競争力をつけていくことができ る」と述べ、「統合を成功させることによって将来的に世界一を目指し ていくべきだろう」と話した。

両社は、2008年4月に造船事業の統合検討を合意、リーマン・ショ ック以降の金融危機などによる環境変化で、決定に時間がかかったとい う。

新会社の市場シェアについて三島氏は、「国内で1、2位。世界で は4、5位くらい」だと述べた。「3年後に統合効果で100億円の利益 を何が何でも上げたい」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE