利上げできない香港にハイパーインフレのリスク-ビンドラ氏

米連邦準備制度理事会(FRB) が政策金利を2014年遅くまで低水準に維持すると表明したことで、 香港でハイパーインフレのリスクが生じている-。英銀スタンダード チャータードのアジア部門最高経営責任者(CEO)を務めるジャス パル・ビンドラ氏がこうした見方を示した。

同氏は27日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会が開催さ れたスイスのダボスで記者団に対し、香港ドルが米ドルとのペッグ (連動)制を維持しているということは中国の経済成長が香港の景気 を刺激し物価上昇を促しても、香港は利上げできないということを意 味すると述べた。

ビンドラ氏は「香港には極めて深刻な影響が及ぶ」と言明。「中 国の影響で香港のインフレ率が6、7%強に達し、中国のおかげで香 港の成長率が6、7%になるときに金利がゼロ付近なら、ハイパーイ ンフレが起きることになるだろう」と指摘した。

同氏とは対照的に、英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットラン ド・グループ(RBS)とオーストラリア・ニュージーランド銀行 (ANZ)は先週、アジアへの資本流入を加速させたとされる2010 年の米金融緩和策と比べ域内の政策当局はそれほど懸念する必要ない との認識を示している。欧州の債務危機が輸出を脅かし世界経済の見 通しを暗くする中で、アジアの当局者は政策の焦点をインフレと資産 バブルから経済成長に移しつつある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE