次なる世界規模の油田、アフリカ沖の塩層下に眠る可能性-掘削加速へ

次なる世界規模の油田は、アフリ カの大西洋沖の海底から深さ2マイル(約3.2キロメートル)以上にあ る塩層の下に眠っている可能性がある。

この塩層は、石油会社幹部らの強い関心を集めている。大西洋の南 米側では、過去10年間に発見された複数の大型油田が同様の塩層に覆 われていた。このため、ブラジルにとって世界4位の産油国となる道が 開けたとみられている。地質学者らによると、塩層が問題となるのは その下にある物質を覆っているため試掘井をより深く掘削する必要があ り、1カ所当たりの費用が6000万ドル(約46億円)を超える点だ。

英BPやノルウェーのスタトイルなどの探鉱会社は、西アフリカ沖 で最大750億バレルに上る原油を開発し利益を得ようとしている。この 量は現行の価格で換算すると約7兆5000億ドルに相当する。米モルガ ン・スタンレーの推計によれば、これらの企業は塩層に覆われる前に形 成された岩石の内部に埋蔵されている原油の探鉱・開発に向け年間で計 300億ドルを投じる見通しで、掘削船やプラットフォーム、パイプなど 油田サービスの利益も下支えしそうだ。

モルガン・スタンレーのアナリスト、エバン・カリオ氏(ニューヨ ーク在勤)はインタビューで「多分、現時点では世界で最も有望な海盆 だ。商業的な発見が1カ所あれば他社にとってのリスク要因は減るだろ う」と述べた。

海塩層下の原油掘削は今年、ガボンやコンゴ共和国、ナミビアで予 定されている。

-- With assistance from Anthony DiPaola in Dubai and Brian Swint in London. Editor: Will Kennedy, Todd White, Stephen Cunningham.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor: Takeshi Awaji 記事に関する記者への問い合わせ先: Eduard Gismatullin in London at +44-20-7673-2268 or egismatullin@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Will Kennedy at +44-20-7073-3603 or wkennedy3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE