中国人民元、上昇-FRBの低金利政策継続に伴うドル安を反映

中国人民元は30日、ドルに対し 上昇。中国金融市場が春節(旧正月)の祝日で休場だった先週、米連 邦準備制度理事会(FRB)が低金利政策の継続を表明したことで、 ドルが下落した。

ドル指数は先週1.7%低下。東亜銀行の通貨アナリスト、ケニッ クス・ライ氏(香港在勤)は、30日の「元上昇は中国が元高を求める 政治的な圧力に対応しているというより、先週のドルの弱さによると ころが大きい」と述べ、「投資家は中国の政策がどこに向かうか見極め るため今週発表される経済統計を待っている」と付け加えた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海市場で0.13%高の1ドル=6.3310元で終了。一時0.43%高と、昨 年12月16日以来の大幅な上昇率となった。中国人民銀行(中央銀行) は元の中心レートを0.13%元高方向に引き上げ、6.3056元と今月4日 以来の高値水準とした。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港のオフショア市 場で元は0.32%安の6.3065元。元の1年物ノンデリバラブル・フ ォワード(NDF)は0.25%安の6.2790元。上海スポット取引の 元相場に対するプレミアム(上乗せ幅)は0.8%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE