東北電が急落、上場以来最大の赤字や格下げで-東京市場

東北電力株は急落。30日に約11 カ月ぶりの下落率を記録した。東北電は27日、今期(2012年3月 期)の連結純損失予想を2500億円と発表した。赤字額は上場以来最 大。格付投資情報センター(R&I)は東北電の発行体格付けを引き 下げた。

東北電株は一時、前営業日比89円(11%)安の747円を付けた。 下落率は2011年3月15日の20%以降では最大。終値は86円(10%) 安の750円。

東日本大震災の影響で原子力発電所が再稼働できず、火力発電向け の燃料費負担が増えた。管内に被災地域を多く抱えるため、復旧費がか かる上、電力需要自体が減ったことも響いた。

R&Iは格下げの理由について、震災被害などに伴う収益への影響 で「来年度の収支改善も見通しにくいことから、資本負債構成の回復に 時間がかかる可能性が高い」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE