中国:適格外国機関投資家の株式投資利益に10%課税も-財新網

中国当局は適格外国機関投資家 (QFII)の株式投資利益に10%課税する可能性がある。ニュース サイトの財新網が報じた。

財新網は29日、当局に近い関係者の話として、政府がこの課税 案に対する意見を求めていると伝えた。関係者の氏名は示していない。 中国証券監督管理委員会(証監会)にファクスを通じコメントを求め たが、今のところ回答はない。

財新網によれば、中国は2009年にQFIIが得た配当とボーナ ス、金利収入に税率10%を課した。

ブラックロックやシュローダー・インベストメント・マネジメン ト、フィデリティ・インベストメンツなど少なくとも外国企業110社 がQFII制度の下で株式と取引所上場の債券に約217億ドル(約1 兆6600億円)を投資することが認められている。

財新網は、課税案では株式投資に伴う損失は控除対象とならない としているとも報じた。

--Luo Jun. Editor: Nathaniel Espino

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Luo Jun in Shanghai at +8621-6104-3036 or jluo6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chitra Somayaji at +852-2977-6486 or csomayaji@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE