1月の英住宅価格:前月比横ばい、下向き圧力続く-ホームトラック

英不動産調査会社ホームトラ ックによると、1月の英住宅価格は前月比で横ばいとなった。同 社では「下向きの圧力」が今後も続くと予想している。

ホームトラックが電子メールで30日配布した資料によれば、 住宅平均価格は前年同月比で1.6%低下した。新築物件の供給と需 要がともに減少し、「供給逼迫(ひっぱく)と需要鈍化」のトレン ドにあるという。

調査担当ディレクターのリチャード・ドネル氏は発表資料で、 「景気の不透明感から需要は引き続き抑制されている」と指摘。 「需給間でマイナスのバランスが続く影響で、向こう数カ月にわた って価格に下落圧力がかかることが示唆されている」と説明した。

同社によると、昨年7-12月(下期)の住宅需要は11%低下。 一方、売却物件供給は7%減り、2009年以来の大きな減少率とな った。

ロンドンの住宅価格は1月に0.1%上昇。ドネル氏は、海外か らの購入者が一等地での価格を押し上げており、ロンドンは「全 国的なトレンドとは再び逆方向に向かいそうだ」との見方を示し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE