英RBSのCEO、11年賞与を辞退-幹部報酬への圧力高まる

英銀ロイヤル・バンク・オブ・ スコットランド・グループ(RBS)のスティーブン・ヘスター最 高経営責任者(CEO)は、幹部報酬をめぐる圧力の高まりを受け、 2011年の賞与96万3000ポンド(約1億1600万円)相当を辞退す る意向だ。

RBSは27日、ヘスターCEO(51)には給与120万ポンド に加えて株式360万株が支給されると発表。以来、同CEOは幹部 報酬をめぐる政治的非難の矢面に立たされていた。RBSの広報担 当者、デービッド・ガフニー氏は29日の電話取材で、同CEOが賞 与を受け取らないと決めたことを明らかにした。

野党・労働党は29日、議会でヘスターCEOの賞与をめぐる採 決を強行すると表明。同CEOに賞与辞退を促す一段の圧力につな がったとみられる。

RBSの株価は過去1年で35%下落。同行は今月に入り、4800 人の削減計画を発表した。フィリップ・ハンプトン会長は週末に140 万ポンド相当の株式支給を辞退している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Blanche Gatt at +44-20-7392-0351 or bgatt@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE