米財務省:1-3月の借入額見通しを970億ドル下方修正

米財務省は1-3月(第1四半 期)の政府借入額見通しを970億ドル(約7兆4000億円)減額し、 4440億ドルとした。歳入増加と歳出減などが反映された。

財務省は3カ月前の時点では、借入額の見通しを5410億ドルと していた。同省は4-6月(第2四半期)の借入額については2000 億ドルとの見通しを示した。2月1日に四半期定例入札(クオータリ ーリファンディング)の詳細を発表する。

財務省のジャニス・エバリー次官補は30日の発表資料で、「米 経済は、昨年早い時期に受けた数多くの打撃から回復し、明らかに安 定し始めている」と指摘。「短期見通しについては慎重ながらも楽観 的だが、米経済が依然直面している多くの難題も引き続き認識してい る」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE