イタリアなどユーロ圏諸国、格下げ後に220億ユーロ以上の発行目指す

格付け会社フィッチ・レーティン グスによるユーロ圏5カ国の格下げは、欧州債務危機が食い止められ つつあるという楽観論を一変させるリスクがある。そのような状況の 下で、イタリアやベルギー、スペインなどのユーロ圏諸国は今週の入 札を通じて、総額220億ユーロ(約2兆2300億円)以上の国債発行を 目指す。

イタリア政府は30日、2016年4月償還債と21年3月償還債のほ か、最大60億ユーロ相当の5年債と10年債の発行入札を実施する。 ベルギーは31日の入札で最大30億ユーロ相当の短期証券の発行を予 定。スペインとポルトガル、ドイツ、フランスは5日以内に償還期間 の異なる13の証券を発行する。

欧州中央銀行(ECB)の期間3年のオペによる無制限の資金供 給とギリシャの債務交渉進展を受けて、イタリアとスペインの10年国 債利回りは昨年11月の高水準から1.5ポイント余り低下する中で、フ ィッチは米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)に 続いて欧州諸国の格下げに踏み切った。欧州連合(EU)首脳は30 日、危機克服を目指す財政協定を取りまとめるためにブリュッセルに 集まる。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏 は27日、フィッチの格下げ発表前の段階で今週の国債入札について、 「これは市場センチメントを占う今年に入って最大の試金石になるだ ろう」と指摘。イタリアの入札については、「利回り水準が以前よりも 大幅に低下する中での一種のリトマス試験紙になる」との見方を示し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE