香港株(終了):ハンセン指数、反落-米経済成長の弱さが響く

香港株式相場は下落。ハンセン指 数が前週末の約5カ月ぶり高値から下げに転じた。昨年10-12月(第 4四半期)の米経済成長率が予想を下回ったほか、中国が予想に反し て銀行の預金準備率引き下げを発表しなかったことが響いた。

米ウォルマート・ストアーズなどに玩具や衣料品を納入するリ ー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は4.9%安。不動産開発を手掛 ける新世界発展(ニューワールド・デベロップメント、17 HK)は3.6% 安。香港の住宅ローンが約3年ぶり低水準に落ち込んだ。

紫金鉱業(2899 HK)は4.2%値下がり。銅精錬所での死亡事故が 嫌気された。時価総額で世界最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)や 国内保険最大手の中国人寿保険(2628 HK)も下落。

サムスン証券の香港在勤ストラテジスト、ビクター・シベッツ氏 はブルームバーグテレビジョンの番組で、米経済成長率は「向こう1 年間、1.5-2.5%にとどまるだろう」と予想。「中国人民銀行(中央銀 行)が非常に慎重となっている理由の1つは、他の中銀の動向が分か らないことだ」と指摘した。

ハンセン指数は前週末比341.26ポイント(1.7%)安の20160.41 で終了。先週は2%高で4週続伸だった。前週末は昨年9月1日以来 の高値で引けていた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前週末比

2.6%安の11145.60。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE