フェルドシュタイン教授:米成長率2%超は困難、QE3の効果に疑問

米ハーバード大学のマーティ ン・フェルドシュタイン教授(経済学)は、米経済成長率が今年は 2%を超えないだろうと述べ、米連邦準備制度理事会(FRB)が 量的緩和第3弾(QE3)を実施しても効果はほとんどないとの見 方を示した。

フェルドシュタイン教授はブルームバーグテレビジョンのイン タビューで「この1年に2%成長を遂げるのは難しいだろう」と予 想。リセッション(景気後退)のリスクは「以前より低い」ものの、 米経済は依然として「危険ゾーン」にあるとの認識を示した。

米商務省が27日発表した昨年10-12月(第4四半期)の米実 質国内総生産(GDP)はエコノミスト予想を下回る前期比年率

2.8%増だった。

フェルドシュタイン教授はまた、FRBによるQE3実施に向 けた行動は「解決策にならない」と述べ、米経済には「追加の金融 刺激策はあまり助けにならない」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE