オバマ政権:住宅ローン支払延滞者の支援拡大へ-HAMP規則緩和で

オバマ政権はより多くの住宅所有者 が住宅ローン債務を削減し金利負担を軽減できるよう、住宅ローン条件 緩和プログラム(HAMP)の規則を緩和するとともに、銀行への奨励 策を3倍にする方針だ。

ドノバン住宅都市開発長官と財務省のマサード次官補代理、スパー リング国家経済会議(NEC)委員長が27日に記者団に明かした。規 則見直し後のHAMPはまた、価値を失った住宅に関する債務を帳消し にするためファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦 住宅貸付抵当公社)に支払いを行う。政府管理下にある両社は米国の住 宅ローン債権の半分近くについて所有ないし保証しているためローン元 本を減免しない方針を採っていることから、HAMPの効果が限られて いた。

ファニーメイとフレディマックがオバマ政権の提案を受け入れるか どうかは、両社の損失縮小の責任を負う米連邦住宅金融局(FHFA) のエドワード・デマルコ局長代行の判断次第。同代行はHAMPの元本 削減策に参加する費用と効果を分析するとの見解を表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE