1月27日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ上昇、ギリシャ債務交渉妥結に期待

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで5日続伸。過去 3カ月で最長の連続高となった。欧州連合(EU)の行政執行機関であ る欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)がギリシャ政府と債権者 との合意は近いと発言したことが手掛かり。

1月の米消費者マインド指数がほぼ1年ぶりの水準に戻ったこと もユーロの買いにつながった。イタリア証券入札で借り入れコストが 低下したこともユーロの支えになった。域内銀行のてこ入れを通じて 債務危機の波及阻止を図る欧州中央銀行(ECB)の取り組みが奏功 した。ドル指数は週間ベースで2週連続の低下。米連邦公開市場委員 会(FOMC)が政策金利を少なくとも2014年遅くまで低水準で 維持する意向を示したことが影響した。

シュナイダー・フォーリン・エクスチェンジの市場分析責任者、 スティーブン・ガロ氏(ロンドン在勤)は「ギリシャが次回融資を受 けられるかどうか、同国がユーロに残れるかどうかが次の焦点になる」 と指摘。「市場はFOMCの姿勢が非常に慎重であると感じており、 米国発表の経済統計はすべて詳細に吟味しているため、相場が明確に 反応している」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比

0.9%高の1ユーロ=1.3220ドル。先月13日以来の高値を付け た。円は対ドルで1%高の1ドル=76円70銭。円は対ユーロで

0.1%高の1ユーロ=101円39銭。

フィッチが格下げ

格付け会社フィッチ・レーティングスがイタリアやスペインなど ユーロ圏5カ国の信用格付けを引き下げた後もユーロは堅調を維持し た。フィッチは同5カ国について、域内債務危機の中にあって資金 調達面での柔軟性に欠けていると指摘した。

米商品先物取引委員会(CFTC)によると、1月24日までの 1週間で、ユーロの対ドルでの下落を見込んだネットショート(売り 越し)は17万1347枚と、5週連続で過去最高を更新した。

第4四半期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)速 報値が前期比2.8%増と、前四半期の1.8%増から加速すると、ドル は強含む場面もあった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミストの予想中央値は3%増。1月のロイター・ミシガン大学消費者 マインド指数(確定値)を受けて再び軟化した。同指数は75.0と、 前月の69.9から上昇した。

ドルは週間では主要16通貨に対して全面安となった。FOMC の緩和姿勢を受けて、高利回り通貨への買いが活発になった。主要6 通貨に対するドル指数はこの日0.7%下げて78.836と3日連続で 低下し、先月12日以来の低水準となった。

「円は堅調が続く」

円はこの日、主要通貨に対して全面高。オーストラリア・ドルに 対しては0.7%、対ニュージーランド・ドルでは0.6%それぞれ上 昇。テクニカル指標では円の下げが行き過ぎだったことが示唆されて いる。

みずほフィナンシャル・グループの米通貨セールス担当責任者、 ファビアン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は「市場を動かして いる主な材料は引き続きギリシャ情勢への期待だ」と指摘。「週末に どんなニュースが出てくるか分からないため、リスク資産の持ち高を あまり抱えていたくない。そのため、円は堅調な地合いが続くだろう」 と述べた。

イタリアが実施した6カ月物証券入札の平均落札利回りは

1.969%と昨年12月28日の入札時の3.251%に比べ低下した。 ECBが先月21日に実施した3年物オペでは、域内金融機関が計 4890億ユーロを応札した。

欧州委員会のレーン委員はこの日、スイスのダボスで開かれてい る世界経済フォーラム(WEF)年次総会でギリシャの債務交渉につ いて「今後の3日間は決定的に重要だ」とし、月内の合意に極めて近 いと発言した。

◎米国株:下落、GDPの伸びが予想下回る-銀行は上昇

米株式相場は下落。S&P500種株価指数は続落となった。第4 四半期の米実質国内総生産(GDP)の伸びが市場予想を下回ったこと が嫌気された。

フォード・モーターは、海外事業の不調で利益が市場予想に届か なかったことから下落。石油大手シェブロンも安い。同社の決算は2 年ぶりの大幅な減益となった。資産運用会社T・ロウ・プライス・グ ループも減益決算を受けて値下がりした。S&P500種の銀行株指数 は1.1%高。ギリシャが債務再編で合意に達するとの楽観的な見方が 強まったことが背景にある。

S&P500種株価指数は前日比0.2%安の1316.33。ただ週間 では上昇し、これで4週続伸となった。ダウ工業株30種平均はこの日

74.17ドル(0.6%)下落の12660.46ドル。

フェデレーテッド・インベスターズのファンドマネジャー、ロー レンス・クリアチュラ氏は電話インタビューで、「米国がくしゃみをす れば、世界が風邪を引く」とし、「米経済が健全なのは非常に重要だ。 主に懸念されているのはきょうのGDPではなく、次がどうなるかだ。 連邦公開市場委員会(FOMC)は、GDPの数字が弱く出るかもし れないと予想していたから今週政策手段を非常に明確に説明したのだ ろうか。そう問われれば、答えはイエスだ」と述べた。

米商務省が発表した第4四半期の実質GDP速報値は前期比

2.8%増となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス トの予想中央値は3%増。第3四半期は1.8%増だった。GDPから 在庫を控除した実質最終需要は0.8%増(前期は3.2%増)へと大幅 減速した。

「あと一歩」

S&P500種は一時上昇に転じる場面があった。オバマ政権によ る住宅ローン返済条件緩和プログラム(HAMP)の規定緩和の発表 や、ギリシャが債務再編で合意に達するとの楽観的な見方の強まりで 銀行株が上昇したことが背景にある。ギリシャのベニゼロス財務相は、 自発的な債務交換をめぐる政府と民間債権者との協議妥結まで「あと 一歩のところだ」と述べた。

セキュリティー・グローバル・インベスターズで240億ドルの 運用に携わるマーク・ブロンゾ氏(ニューヨーク州アービントン在勤) は「ギリシャに関して前向きなニュースが出る可能性があるため、週 末を控えて大きなショート(売り持ち)を避ける動きが見られる」と し、「信用という面でギリシャからポジティブなニュースが出れば、市 場の一段の安心感につながる。こうした状況は常に銀行にはプラスだ」 と続けた。

銀行株

24銘柄で構成するKBW銀行指数は0.7%高。ウェルズ・ファー ゴは1.9%高の29.60ドル。リージョンズ・ファイナンシャルは

2.7%上昇。

S&P500種の自動車・部品株指数は2.5%安と、業種別24指 数の中で最大の下げ。フォードは4.2%下落の12.21ドル。

シェブロンは2.5%安の103.96ドルで、値下がり率はダウ平均 で最大となった。

T・ロウ・プライスは2%安の59.82ドル。

◎米国債:5年債利回り過去最低-景気減速で追加緩和期待

米国債市場では5年債利回りが3日連続で過去最低を更新した。昨 年第4四半期の米実質国内総生産(GDP)が予想を下回ったことを受 けて、景気浮揚を目的とした連邦準備制度の資産購入が拡大するとの見 方が広がった。

10年債は上昇。第4四半期の在庫投資のGDP寄与度が1.9 ポイントと高かったことから、今年第1四半期の経済成長は予想より 弱くなるとの懸念が広がった。第4四半期のGDPは2.8%増。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は3%増 だった。ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、米経済が今年減速する 可能性が高いとの認識を示した。経済は「下振れリスク」を抱えてい るとしている。

グリーチャーのマネジングディレクター兼金利取引共同責任者、 ラス・サート氏(ニューヨーク在勤)は、「GDP統計は予想を下回 る結果だった。これは連邦公開市場委員会(FOMC)が今週示した 見解をある程度裏付けるものだ」と述べ、「FOMCは今週だけでは なく、四半期あるいは1年のトーンを決定付けた」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時 間午後5時現在、5年債利回りは前日比2ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)低下の0.75%。一時は0.74%を下回る 場面もあった。

10年債利回りは4bp低下して1.89%。一時は1.97%まで 上昇した。

第4四半期GDP

第3四半期の米GDPは1.8%増。第4四半期は在庫投資が最 大の押し上げ要因になっており、GDPから在庫を控除した実質最終 需要は0.8%増へと大幅減速した。

ダドリー総裁は27日、ニューヨークで講演。経済成長への主 なリスクについては、「欧州情勢の展開をめぐる不透明感」を挙げた。 また「一段と収縮する」財政政策や「沈滞した住宅市場」も景気の拡 大を妨げそうだと述べた。

FOMCは25日の会合終了後に声明を発表し、政策金利を 「少なくとも2014年遅くまで」異例な低水準で維持する意向を示し た。バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長は25日のFOM C後の記者会見で、資産の追加購入についての議論は継続中だと述べ た。

TIPSとの利回り格差

5年債と同年限インフレ連動債(TIPS)の利回り格差は、

1.80ポイントに拡大した。昨年末は1.55ポイントだった。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの指数によると、TIP Sは年初から1.2%上昇。昨年のリターンは14%のプラスだった。

今週は、長期債よりも償還期限の短い国債が買いを集めた。5 年債と10年債の利回り格差は前日に1.21ポイントと、過去3カ月 間で最大だった。この日は1.15ポイントだった。

大和証券キャピタル・マーケッツ・アメリカの債券部門責任者、 レイ・レミー氏(ニューヨーク在勤)は、「ほとんどの投資家はFO MCの見解を聞く傾向がある。そして今のFOMCはインフレをそこ まで懸念していないようだ」と述べ、「実際のところインフレは低過 ぎるかもしれない」と続けた。

◎NY金先物:3日続伸、7週間ぶり高値-ドルの下落で

ニューヨーク金先物相場は3日続伸。7週間ぶりの高値となった。 ギリシャと債権者との合意は近いとする欧州委員会のレーン委員(経 済・通貨担当)の発言を手掛かりに、ドルが下落したことが背景。

ギリシャと民間債権者は同国の債務減免の条件に関して詳細を詰 めている。米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利を少なくと も2014年終盤までは低水準で維持する意向を示したことを主因に、 金は今週4.3%上昇、一方ドルは1.7%値下がりした。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州)の創業者、ジ ェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで、「ギリシャが近く 合意に達する可能性があり、欧州情勢は上向きつつあることが好感さ れている」と指摘。「今週のFOMC声明は金に非常に有利な材料だ」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比0.3%高の1オンス=1735.40ドルで終了。終値で は先月7日以来の高値となった。

◎NY原油:週間で上昇、ガソリンにつれ高-ギリシャ合意間近

ニューヨーク原油先物相場は週間で上昇。ガソリン相場が昨年8月 以来の高値に上昇したことにつれて、買いが入った。ギリシャが債権者 との協議で合意に近づいているとの見方も支援材料。

ガソリン相場は製油所の操業停止やプラント閉鎖で供給が縮小す るとの見方から上昇。この日の原油相場は前日比ではほぼ変わらずと なった。欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のレーン 委員(経済・通貨担当)はギリシャ債務減免での民間関与について月 内の合意に極めて近いと発言した。

エネルギーコンサルタント会社キャメロン・ハノーバー(コネテ ィカット州)のピーター・ビューテル社長は「ガソリンの需要が弱い 時期にあるものの、北東部で多くの製油所が操業を停止することで市 場は供給面をかなり意識している」と指摘。「ギリシャの債務交渉で 近く合意するとの見通しは石油関連相場を全体的に押し上げている」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比14セント(0.14%)安の1バレル=99.56ドルで終了した。週 間では1.1%、過去1年では16%上昇している。

◎欧州株:反落、米GDPが予想に届かず-BPとBNP安い

27日の欧州株式相場は反落。昨年第4四半期(10-12月)の 米国内総生産(GDP)伸び率が市場予想を下回ったことを嫌気した。 ストックス欧州600指数は前日に5カ月ぶり高値で引けていた。

英石油会社BPが安い。同社は2010年の米メキシコ湾原油流 出事故で発生した費用の一部を、爆発したリグ(掘削装置)を保有し ていたトランスオーシャン(本社スイス)から回収できないと、米連 邦地裁判事が判断を下した。JPモルガン・チェースが投資判断を引 き下げたフランスの銀行BNPパリバも大幅安。同銘柄が主導する形 で欧州銀行株指数も下げた。

ストックス欧州600指数は前日比1%安の255.40で終了。先 月14日以来の大幅下落となった。週ベースでは6週間ぶりに下げ、

0.2%の値下がり。ギリシャではこの日も、債務減免をめぐって政府 と民間債権者が協議を続ける。指数は年初来では4.4%上昇してお り、前日はここ1年弱で2度目の強気相場入りを果たした。

IGインデックスの市場アナリスト、クリス・ビューチャンプ氏 は「午後になって米GDP統計が予想を下回ると、売りの勢いが強ま った」と述べ、同統計が「株式相場を全体的に軟調にするきっかけと なった」と説明した。

ストックス欧州600指数は前日、1.1%高で終了。昨年9月 22日に付けた安値から20%上昇し、強気相場入りした。米経済回 復の兆しやユーロ圏の債務危機封じ込めへの期待が株価を支えてきた。

米商務省がこの日発表した昨年第4四半期の実質GDP(季節調 整済み、年率)速報値は前期比2.8%増。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミストの予想中央値は3%増だった。

この日の西欧市場では、アイスランドを除く17カ国で主要株価 指数が下落。BPは2.6%安の464.55ペンスとなり、ストックス 欧州600指数の下げに最も寄与した。

米ニューオーリンズの連邦地裁判事は26日、原油流出事故で発 生した経済的損害とコスト400億ドルの一部をBPはトランスオー シャンから回収することはできないとの判断を下した。BPが昨年4 月に同地裁に提訴したトランスオーシャンは、この日の市場で

0.9%高の43.83スイス・フラン。

BNPパリバは3.3%下げ、34.64ユーロで終了した。

◎欧州債:イタリア債上昇、順調な入札で-スペイン債も堅調

27日の欧州債市場ではイタリア国債相場が上昇。2年債利回り は一時、昨年9月以来の低水準となった。ギリシャと民間債権者が債 務交換で合意に近づきつつあるとの楽観が高まる中、イタリア国債入 札で借り入れコストが低下したことが手掛かり。

欧州中央銀行(ECB)が昨年12月に実施した期間3年の資金 オペで市中銀行への資金供給が拡大。これを背景にスペイン10年債 は年初来で最大の値上がりとなった。月間ベースでも上昇している。 イタリアはこの日、182日物証券を80億ユーロ発行した。落札利 回りは1.969%と、昨年5月以来の低水準となった。

ドイツ国債のパフォーマンスはその他の国債を下回った。欧州連 合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のレーン委員(経済・通 貨担当)が同日、関係当局はギリシャ債務減免での民間関与について 月内の合意に極めて近いと発言したことを受け、域内で最も安全とさ れるドイツ国債の需要が後退した。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「国債相場はECBの長 期資金供給オペから若干恩恵を受けた」と述べた。「ECBがこうし た措置を講じて以来、周辺国に対する投資家の姿勢が決定的に変わっ た。ギリシャをめぐる不安がまだあるものの、スペインとイタリア国 債の購入を投資家は手控えていない」と続けた。

ロンドン時間午後4時29分現在、イタリア2年債利回りは前日 比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.52%。 一時3.49%まで下げ、9月2日以来の低水準となった。同国債(表 面利率2.25%、2013年11月償還)価格はこの日、0.11上げ

97.91。

イタリア10年債利回りは15bp低下し5.9%。同年限のドイ ツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は14bp縮小し404 bp。昨年11月9日には575bpまで拡大していた。

スペイン国債

スペイン10年債利回りは前日比24bp低下し4.97%。一時 は25bp下げ、日中取引として先月28日以降で最大の低下となっ た。ドイツ10年債に対するスプレッドは310bpまで縮小し、先 月21日以来の最小となる場面もあった。

ドイツ10年債利回りは1.86%と、前日からほぼ変わらずとな った。イタリアやスペイン、ベルギー、オーストリア、フランス、フ ィンランドの国債のパフォーマンスを下回った。

◎英国債:上昇、安全資産需要高まる-ユーロ圏の先行き懸念で

27日の英国債相場は上昇、10年債利回りは1週間ぶり低水準 を付けた。緊縮策が重しとなりユーロ圏景気が停滞するとの懸念から、 比較的安全とされる英国債の需要が高まった。

この日発表されたスペインの失業率は15年ぶり高水準に悪化し た。英2年債相場は週ベースで上昇。欧州連合(EU)の行政執行機 関である欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は同日、関係当 局はギリシャ債務減免での民間関与について月内の合意に「極めて近 い」と発言した。

ニューエッジ・グループの債券アナリスト、アナリサ・ピアッツ ァ氏(ロンドン在勤)は「市場には引き続き警戒感がある」と述べ、 「ギリシャ債務交渉の結果はどうなるか分からない。個人的には最終 的に何らかの解決策が出てくるとみているが、こうした不透明感が 『AAA』格付けの国債需要を支えている」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時51分現在、10年債利回りは前日比2ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.07%。一時は

2.03%まで下げ、19日以来の低水準となった。同国債(表面利率

3.75%、2021年9月償還)価格はこの日、0.195上げ114.60。

2年債利回りは0.38%で、前日からほぼ変わらず。前週末比で は3bp低下した。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE